人によって筋トレを行う目的は様々です。スポーツの補強として筋力を高めたいという目的の人や、身体を大きくしたい・身体を引き締めたいという目的の人もいます。

そこで今回は筋トレの効果がでるまでの期間について書いていきたいと思います。特に、これから筋トレを始める初心者の人の筋トレの効果について書いていきます。

筋トレによって起こる身体の変化 神経系の強化

まず、初心者の人が筋トレを始めることで起こる変化は、神経系の強化です。神経系の強化とは、神経が筋トレに慣れることでリミッターが外れて筋力の向上が起こっている状態のことをいいます。言い換えると、筋肉量がそのままで筋力の向上がみられる状態のことをいいます。身体の使い方がわかってきている状態と考えるとわかりやすいかもしれません。神経系の強化が起こっている段階で、特に初心者のうちは負荷をどんどん増やすことができます。この神経系の強化は筋トレを始めて1か月から1.5か月ほど続きます。

筋トレによって起こる身体の変化 筋肉量の増加

あるとき、急に負荷を増やすことができなくなるときが来ます。神経系の強化が終わり、使用重量が頭打ちになります。そこで、筋肉量の増加が起こるようになります。筋肉量の増加が起こることで体組成の変化が起こり、身体を大きくしたい・身体を引き締めたいという目的に沿った内容の筋トレができるようになります。筋肉量の増加の期間はおよそ2~3か月ほどかかります。筋肉の細胞の入れ替わりも2~3か月ほどといわれているので、体組成の変化がおこるのは2~3か月というのが定説です。

ただ、3か月まるまる経過してようやく変化を感じるというよりも、筋トレを継続していくうちに身体が変化していることで気づくことのほうが多いと思います。普段着ているシャツがきつくなったり、ズボンの太もも部分がきつくなったりすることで身体の変化に気づくことでしょう。筋トレでの身体の変化は、現状の筋肉量での筋力の向上から起こり、筋力の向上が頭打ちになると、筋肉量の増加が起こります。

効果的な筋トレを行うために

筋トレの効果を高めるためには、運動・栄養・休養の3つの要素が重要です。運動・栄養・休養のうちのどれか1つでも欠けていると、筋トレの効果は半減してしまいます。ハードな筋トレをしているのにもかかわらず、筋トレの効果がでていない人の多くが栄養に問題があります。筋トレの内容さえよければいい、というわけではないのです。効果的な身体づくりには筋トレも大事ですが、適切な栄養を摂ることも同様に大事です。

効果的な筋トレのために必要な栄養とは

筋トレの効果を高めるために必要な栄養素は、炭水化物とたんぱく質です。脂質は普段の食事によって充分にまかなうことができるので除きます。炭水化物は目標体重の1kgあたり7~8gを、たんぱく質は目標体重の1kgあたり1.5~2.0gを目安に摂ることで、筋トレの効果を高めることができます。

さらに効果的な筋トレを行うために

効果的な筋トレを行うための適切な食事をしたうえで、さらに効果的な筋トレをしたい人向けのサプリメントがあります。それがHMBサプリです。HMBサプリは筋たんぱくの合成促進や分解抑制、筋細胞の細胞膜を安定させる効果が期待できるサプリメントです。簡単にいうと、筋力向上や筋肉量増加といった効果が期待できるサプリメントです。

つまり、HMBサプリを使用することで、さらに筋トレの効果を高める可能性が期待できます。よって、HMBサプリを使わずに筋トレをするよりも早く効果が表れるかもしれません。HMBサプリは少量で効果が期待できるサプリメントであり、他のサプリメントに比べて比較的安価です。経済的にもおすすめなサプリメントです。ぜひ、試してみてください。